美人デリヘル嬢が多いことで知られている下関の魅力とは

サイトマップ
赤い下着の女性

自宅にデリヘル嬢を呼ぶ際のマナー

シルエット

撮影に応じてくれるデリヘル嬢もいますが、その際は事前に了解を得ることは必須、了解がない場合はプレイ即終了、料金は返金されません。了解なく撮影が行われると、ドライバーが部屋にやって来て違約金を請求され、支払えないと警察を呼ばれます。これはあくまで表向きの対応、デリヘル店に申し込みをする際には客の連絡先を伝えているため、違約金を支払うまで会社や職場まで取り立てに来ることもあります。もし客が警察に逃げ込んでも、捕まるのは隠し撮りを行った客、可愛らしいデリヘル嬢もバックには怖い方が付いているので、迷惑行為はやめましょう。
デリヘル店も客商売、バックに怖い方が付いていても客が迷惑行為さえしなければ被害を受けることは一切なく、普段は客が安心して利用できるよう影でサポートしてくれる有り難い存在です。デリヘル嬢の送迎を行うドライバーに1000円程のチップを渡すと、通常30分5000円の延長料金が10分ほど無料で延長をしてくれる場合もあります。
住宅街にある自宅にデリヘル嬢を呼ぶと、待機するドライバーが近隣によって通報されることがあります。そのため、無料で利用できる駐車場の位置を伝えることは必要、無料で利用できる駐車場が近隣になければ、駐車代を支払いコインパーキングを利用させることが、デリヘル嬢を自宅に呼ぶ際のエチケットです。

TOP